めざまし日記 : 環境

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

都会の集中豪雨

昨日、東京で集中豪雨による事故がありましたね。
この夏、関東ではかなり不安定な天気が続いています。
自分が東京に住んでいた頃から、都心での集中豪雨はしばしばあるようになりました。
それも、本当に局地的に降るんですよね。
池袋で降っているのに新宿で降っていなかったりとか・・・

かと思えば、ここ田舎ではとんでもない水不足です。
例年よりはるかに早く7月の頭に梅雨が明けた四国地方。
その後、瀬戸内には雨がほとんど降りません。
観測至上3番目くらいの少なさだそうです。

いつもニュースで話題になる、四国の水瓶、さめうらダムはすでに貯水率40%ほどで、もうすぐ第二次給水制限が行われることになっています。
梅雨のころは例年より水量は多く100%をキープしていたんです。
それが梅雨が明けた途端にこれですからね。
本当にこの異常気象はどうにかしてほしいものです。

で、関東はどしゃぶり。
よく夕立といいますが、夕方になると温まった地表の熱により大気が不安定になって積乱雲を発生させて雷や雷雨をもたらすのですが、昨日の東京の雨は午前中からなんですね。
大雨洪水注意報が出たのが午前11時35分だそうで、事故が発生したのが午前11時40分、たったの5分後というから、その局地的雨量のすごさが分かりますよね。
大雨洪水警報になったのは、その30分後くらいだそうですから、いかに局地的に土砂降りになったかが分かります。
警報が追いついていないわけですから。
これじゃあ、現場の管理監督者もたまったものではありません。
安全を見すぎても作業になりませんからね。

東京のコンクリートやアスファルトだらけの地表は、地面の温度を上げて積乱雲を発生させるだけでなく、地下へ水を浸透させる機能も奪い、降った水は下水に流し込むしかないという、自分で自分の首を絞めている状態なのですね。
この状態を避ける、都市の地面への対策はないのでしょうか?

たぶん学者の間では研究が行われているのでしょうが、あれだけ広い範囲にわたってこれからどうにかすると言っても、困難極まりないのは確かなのですが・・・
開発時にはこのようなことになるとは予想しえなかったのでしょうか?
いや、誰かが予想していても、とにかく前に進むために、そのような予想や推測は置き去りにされるものなのですよね。

人間も自分たちの首を絞めています。
便利さの裏には、何かを犠牲にしなければなりません。

地球環境問題もそう。
食料の自給の問題もそう。
あまりにも進みすぎたために、だめな人間ばかりになっていきます。

こうして、人類は滅亡の一途をたどっていくのでしょう。

今の人たちにとって、遠い将来は他人事でしかありません。
頭のいい人間だからこそ、自分たちを滅ぼしていくのです。。。



あぁ~、今日の話題は重い。。。
  1. 2008/08/06(水) 08:48:06|
  2. 環境
  3. | コメント:0

東京湾の熱帯魚

ここのところの日本は環境の変化についての話題がこと欠きません。

今日のめざましテレビでは、東京湾の変化について言ってました。

なんでもこの冬、東京湾で熱帯魚が見られるそうです。

東京湾にはもともと熱帯魚はいるそうです。
これびっくりしましたが、普通にいるそうです。
熱帯魚はだいたい本州南部の海には生息しているそうですね。
何も沖縄とか行かなくても見られるそうですよ。
でも、いくら東京湾はきれいだといっても沖縄の海と比べるとやはり景色が全然ちがうし、水の透明度も雲泥の差なので、やっぱり沖縄がいいですけどね。

ま、そなふうに当たり前のように熱帯魚がいる東京湾なのですが、これまでは東京湾で冬を越すことはなかったそうです。
それが、最近は冬を東京湾で越す熱帯魚が出てきたのだとか。

東京湾の水温は16℃くらいあったそうです。このとき気温は3.5℃だそうで、かなりの違いがあります。海の水は以外と暖かいのです。
でも、40年前と比べるとやっぱり、2、3度上がっているそうですよ。
だから熱帯魚も東京湾で冬を越せるようになったのですね。

水温が高くなると、これまでいなかった生物が生息できたりするのですが、逆にこれまで繁殖していた生物が繁殖できなくなるということもあります。

大きな問題となっているのが海苔の養殖だとか。
水温が暖かくなると、海苔が育たないそうです。漁業関係者からすると深刻な問題ですよね。
今いろいろと高い水温でも生きていける海苔の研究をやっているそうですよ。

この暖かい海水の原因は地球温暖化が原因なのかというと、そうはっきりとはいえないそうです。
現在、はっきりとした原因はわかってないようで、研究中とのことです。


一昔前は東京湾って汚れたイメージでしたが、今の東京湾は割合きれいで魚の宝庫。
美味しい江戸前寿司だって食べているわけですからね。
それだけじゃなく、熱帯魚までいる。なんてすばらしい海なのでしょう。
そう思いませんか?

私も運河ではぜ釣りをして、よくから揚げにして食べたものです。

海って不思議ですよね。生物って不思議ですよね。環境ってホント不思議だ。


今日はここまで。

朝からねむい。眠い。
でも頑張らなきゃね。夢に向かって・・・

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/02/05(火) 08:55:06|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早すぎる春

早すぎる春と聞いて何を想像しますか?

“春”いえば、想像することは、まず草花の開花ですね。
まちの声もまずこれが第1でした。

その次が暖かさです。
最近では地球温暖化により、異常気象になってよく分からない気候になったりするのですが、そうは言ってもやっぱり寒い冬、春の訪れといえば暖かい気候ですね。

3番目に多かったのが、入学・卒業の春!
まあ、これは時期が“春”ということで確かにそのとおり。。。
でも春が来たというのは、受験に合格したときにも使いますよね。
あるいは、彼氏や彼女ができたときにも使ったりしますね。

このように“春”という言葉は基本的に良いことですね。

悪いことが無くなることも、「雪解け」なんて表現したりします。
冬は嫌われた季節なのですね。
個人的には冬が好きという人もいるのでしょうけど・・・

この春も最近異変が生じているとのこと。
入学・卒業が春じゃなくなったということではありません。

一番多くの人が“春”を感じる草花の異変なのです。
通常は3月から5月の、いわゆる春に見ることができる草花が、1月である今咲いているという情報がたくさん寄せられていました。

神奈川のある場所では、もう菜の花が満開だそうです。
つつじが咲いたり、イチゴがなったり。。。

実はうちの畑は、昨年ひまわりが2度咲きました。
一度咲いたひまわりの種が落ちて、また芽を出して成長して、花を咲かせたのがなんと11月でした。
そして、またその花がタネを落とし成長し、花は咲かないものの大きなヒマワリの木が冬を越したのです。
夏のヒマワリのようにみずみずしい葉っぱではなく、黒ずんだ緑で分厚く硬いです。
寒い中を生きていく植物の知恵なのでしょうか?
でも夏の花が枯れずに冬を越すとは思いませんでした。。。

今の地球は、100年前に比べて平均気温が1度上昇しているようですね。
最近温暖化が進んでしまっているので、温度上昇はさらに加速しているでしょう。

そしてその気候がもたらす、このような早い春は、植物に悪影響があるそうです。
早すぎる成長は病気になりやすいそうなのです。

植物にとっては、しっかりと育つための準備期間がなくなることは良くないことなのですね。

また、今年は杉の花粉も異常に早く多いとのこと。
1月の終わりにはもう関東で飛び始めるそうです。
花粉症の人にとっては憂鬱な春になりそうですね。。。

踏んだり蹴ったりの地球温暖化ですね。


今日はここまで。


快晴の朝。
今日こそは今年のスタートだ!!(汗;)

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/01/15(火) 08:27:12|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。