めざまし日記 : 湯たんぽ

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

湯たんぽ

湯たんぽが最近流行りなのですね。

子供のころは、ばあちゃんが使っていましたが、
部屋全体を暖めるようになり、湯たんぽの存在もなくなっていました。

でも今になって、何故また湯たんぽなのでしょう。

めざましテレビの中では仕事場とかで使っている例が紹介されていましたね。

部屋全体では暖かくなっても、足元は冷えるという女性の悩みですね。。。

たしかに局部的に温めるのは、電気ストーブより湯たんぽが気持ちよさそうです。


電気代も掛からず、省エネにもなるし。
(湯を沸かす燃料代は必要ですが。。。)


その湯たんぽも流行ってきて、種類も様々。

昔は陶器の湯たんぽでした。ばあちゃんが使っていたやつも。
陶器が一番長持ちして効率がいいのは確か。
でも、重たいのが難点で、仕事場に持ち歩くのは、まず無理。

だから最近は金属製がのが主流なんですね。
テレビ見ていると、プラスチック製の小さいのもありましたね。

プラスチックと言っても、最近は熱湯でも大丈夫ですからね。

形も様々のようで、
ハート型とかいろいろありました。

湯たんぽといえば、やっぱり楕円型の立体で凸凹があって・・・

そういえば、凸凹はなぜ付いているのか知っていますか?
私は、面積を広くして熱放射を大きくするためかと思っていました。

でも違うようです。
確かに考えてみれば、そうなら、早く冷えてしまいそうですものね。

身体に当たる面積を小さくして火傷を防ぐという考えもできますが、
もともと直接身体に当てるものじゃないから、そうでもないんです。

湯たんぽは低温火傷に注意が必要ですよ!!


じゃぁ、何でかというと、
湯たんぽって密封するから、温度が下がると中の空気の圧力が下がって
体積が減っちゃうんですね。

だから、平らな金属やプラスチックだと、ペコンって凹んじゃうんです。
それを防ぐために、凸凹にしてある。

知恵ですねぇ。。。


でも、陶器の湯たんぽだとそんな心配はないんじゃないの・・と疑問。
どうなんだろう。
金属は凹むだけだけど、陶器だと割れちゃう心配があり、
余計必要なのかな???


なんだかんだ言っても、昔の知恵って現代文明の中でも
また繰り返されることってありますよね。

今一度、日常生活を見つめなおす必要があるかな。。。


今日はここまで。


昨夜からすこし小雨がパラパラ。
今日もどんより曇り空です。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 09:05:20|
  2. トレンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mezablog.blog26.fc2.com/tb.php/8-00620861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。