めざまし日記 : 青色の外灯

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青色の外灯

青色の外灯は犯罪抑止に効果がある!?

最近、青色の外灯が一気に増えているそうだ。
田舎にすんでいる私には縁のない話だが、街ではここ数年で急増しているとのこと。

青色の外灯にすると辺りがとても暗い。
照度計で計測すると、これまでの白色の蛍光灯に比べて、新しい青色の蛍光灯は照度が3分の1しかないとのこと。
5.7ルクスが1.8ルクスになっていた。

青色の暗い外灯になって地域住民はどう思っているのか?
だいたい6割の人が、そのままでいいとの回等だ。

実際、暗くなるのだったら、外灯の意味がないのでは?
と思ったのだが、この青色にした理由は犯罪の抑止だそうだ。

日本では奈良県警が始めて採用したそう。
それから犯罪が減ったのでいろいろな警察で使われ始めたとの事。
じゃあ奈良県警はどうして採用したかというと。。。

外国の(どこだったかな?)どこかで、もともとは景観目的で青い証明をつけたら、そこでの犯罪が減ったとの実際の例を受けてのことであった。

日本の採用しているところでも、実際に減っているとのこと。

JR西日本では踏み切りに使い始めている。
交通事故も減るのだそう。

この青色照明の効果は心理面であるよう。
心理学者によると、青色という光景は普段見慣れないものなので、そういうところは犯罪者は避けようとするらしい。
それと、青色は心を落ち着けるような効果があるようだ。
だから、踏み切りなどの事故防止に役立つのだ。

また、青色のイメージについても、1番こそ冷たいと良くないイメージだが、2位以下は冷静・落ち着くとかクールとかいいイメージが多かった。

青色は人の心を落ち着かせるとともに、あまり存在しない光景なので悪い人も寄り付かないということだ。

しかし、あまりにも青色照明が増えてしまうと、それが当たり前の光景になり、慣れてしまって冷静さをキープする効果も薄れるのではないのか?
悪い人もなんとも思わなくなるし・・・

危険な場所や犯罪率の高い場所に限って着けてほしいものだ。


今日はここまで。

ちょっと、文体を変えて描いてみました。
明日からまた、普通に書こう・・・
スポンサーサイト

テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/20(水) 08:10:32|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mezablog.blog26.fc2.com/tb.php/53-886fc630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。