めざまし日記 : 大人買い

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人買い

今日テレビでこの話題を聞くまで、「大人買い」という言葉を知りませんでした。

最初は、漫画の単行本や、DVDなどをシリーズすべてまとめて買う人が増えていることや、セット売りするサイトが人気だという話題でした。

そうかと思うと、駄菓子屋で10円や20円で売っていたお菓子を、仕入れの箱ごと買う大人や、靴や衣類を買うときに、同じものを色違いでたくさん買う人などが紹介されていました。

で、「大人買い」って、結局どういう意味かわからんゾ!
となったワケです。(汗)


セット買いをすること?
一度にたくさんモノを買うこと?
浪費すること?


正確な「大人買い」の意味がわからんとです。。。(爆)

そこで、wikipediaで調べてみると・・・

◎大人買い
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大人買い(おとながい)とは、
* 金銭的に裕福な大人(主にサラリーマン)がその経済力に物をいわせ、食玩(おまけ)などパッケージを開封しないと中身が分からないおまけ入り商品を大量に(しばしば、箱買い、ケース買いで)購入すること。
* 転じて、おまけなどがない菓子でも、単に「箱買い」「ケース買い」することをいうこともある。
* 更に転じて、菓子などに限らず、単に通常人が買う平均を大幅に上回る量の物を一度に買うことを指す場合もある。2000年代後半以降、主に趣味の分野(音楽ソフト/映像ソフト/書籍/キャラクターグッズ等)で同シリーズで何種も発売されるものを全て買うことを限定的に指すことも増えている。
* 株式相場について、ネットトレーダーの間で、外国人機関投資家がまとまった数量の買い注文を出すことの意味で用いられる。


もともとは、子供用のお菓子(食玩)を大人が買うから、そういう言い方になったみたいですね。
或いは、子供に混じって大人が恥ずかしげもなく、食玩を買うさまが「大人気ない」から、そういう言い方になったという説もあるようです。

いずれにしても、ひとつひとつの食玩を買って、ワクワクしながら開けて一喜一憂するのが楽しみの食玩を、とにかく経済力にモノを言わせ大人がまとめ買いすることが、もともとの「大人買い」の意味なんですね。

それが転じて、いろいろな意味に使われるようになったのですね。


そういえば私が小学生のころ、上級生が仮面ライダーのカード入りスナックを仕入れの箱ごと買って、お菓子は食べずにスーパーの裏で踏みつけて捨てていた記憶があります。

50円くらいのスナック菓子が何袋入っていたのかな???
20袋入っていても1,000円だからね。
1ヶ月の小遣い貯めとけば買えるのですよ、小学生でも。

今は対戦型のカードが人気のようですが、アノ頃はただの写真カード。
でも、プレミアが付くようなレアものもあったような気がします。
裏に「当たり」が書いてあったら、アルバムもらえたりしてね。。。^^;あー懐かしい!
今じゃ、「レア」だってカードに書いてあるから、その商売根性には感心しますが、アノ頃は「誰も持っていないカード」を持っているから価値があったのです。

30年以上前から、今の「大人買い」の行為を「子供」がしていたハズ。
最近の子は、そういうことしないのじゃないかな?
だから「大人買い」という言葉になってしまう。


どんどん日本人は器が小さくなっていきますね。
その弊害が、このところの犯罪につながっているのだと私は思っています。
押さえつけは、エネルギーが溜まっていくのです。
それが、悪いほうに爆発すると・・・

もっと、おおらかな教育が必要だと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 09:23:54|
  2. 娯楽
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。