めざまし日記 : 記録が出るウェア

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記録が出るウェア

水着の問題は、スピード社の使用を協会が認めたことで一段落つきましたね。
ちおう、スポンサー契約についての違約金などの問題もないように、日本のメーカー3社との取り決めも行ったようです。

でもまあ、心情的にはしこりが残るかも知れませんけどね。
そこはビジネスライクに対応するしかありませけど。
世界で戦う人たちですから、肝っ玉は据わっているのでしょうが・・・

しかし、日本のメーカーは予定が大きく変わったでしょうね。
オリンピックといえば、スポーツの祭典であることは表向きで、実は商業イベントですからね。
商標の認知度を上げるために頑張っていた3社は、大きな痛手であるには違いありません。

でも、スポーツウェアメーカーなのだから、スポーツの結果が出るものを作ってなんぼの世界。
勝ち抜いていくためには性能の良いものを開発するしかありません。
もともと、協会がお金のためにメーカーを囲っているという体質が問題なのですよ。

もっとオープンにしないと競争力が働きません。
今回の決定で、水着の問題は終わりにしたいと、会見で協会の人が言っていましたが、
そんな気持ちでいたのではダメだと思います。

もっともっと競争をさせないといけませんよ。
できないのなら排除するぞ!くらいの姿勢がないといけないと思うのですが。。。


そんな中、今朝のめざましテレビで、水泳だけでなく、マラソンやいろいろなスポーツでの記録が出るウェアの開発について紹介されていました。
どんなウェアを着ても、本人の力がなければ記録は出ないのは、いうまでもないのですが、同じ人がウェアによって記録が変わるのであれば、記録の出るウェアを来たいのは当然ですね。

でも、面白い実験結果が紹介されていました。

飛距離がでるウェアと嘘をついてただのシャツを着てもらって、ドライバーの飛距離を図ってもらったところ、実際に飛距離が伸びたそうです。
人間ってそんなものなのですね。
潜在能力が100%発揮されていないのです。
特に日本人はその傾向が強いのではないのでしょうか。
気持ちの持ちようでもっている能力が発揮されるのですね。
何か支えになるものが後ろについていることによっても結果は出るし、逆に不安があると実力は発揮されないワケです。

今回の水着の問題も、精神的な要素もゼロではないでしょうが、さてどうなのでしょうか?

いずれにしても、これでいい訳はできなくなったのですから、是非金メダルを奪取してほしいものです。
ガンバレ!日本!!

リンク:HMVファンサイト
スポンサーサイト
  1. 2008/06/11(水) 09:20:39|
  2. スポーツ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。