めざまし日記 : エコカー電気自動車

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エコカー電気自動車

環境問題から話題になりつつある電気自動車ですが、今般のガソリンの値上げでさらに拍車がかかるのでしょうか・
そんな電気自動車も実用化となると、まだまだ課題は多いようですね。

現在では、エンジンとモーターの両方で走行するハイブリッドカーは実用化されています。
トヨタのプリウスなんかがそうですね。

発進時はエンジンで動きますから、普通のガソリン車と同じです。
で、エンジンが回る動力によって一部をバッテリーに充電しておくことによって、
定速走行時にはモーターで走るわけです。
以前レンタカーで乗ってみましたが、モーターへの切替はほとんど気が付かないくらいでした。
モーターだとエンジン音もなく、ロードノイズだけなので静かでいいですね。

でも、ハイブリッドカーと違って、全くの電動となると、なかなか難しいことが多いようですね。
一番大きなのは、ある程度数が出荷されるまでは価格が安くできないこと。
開発費をペイするだけの台数が出ないことには実用的な値段にはなりませんよね。
これだけは、普及するしか方法がありません。
初期の段階では、政府等の補助費だとか、税制での補助とか、いろいろやってもらわないといけませんよね。

次に問題になるのが、やはりエネルギーの補給ポイント。
家庭の電力から補給していたのでは、たぶん高くついて仕方ないでしょう。
電気も安く手に入るスタンドなんかがないと話になりませんよね。

電気じゃないのですが、タクシーが使っているようなLPGや、天然ガスのスタンドもあまりありませんから、天然ガス車も普及しませんよね。
天然ガスは、管理が大変ということもあるかも知れませんね。
自家用の乗用車で天然ガスはあり得ないのかな?
法律のことは、あまり分かっていないのでスミマセン。

もうひとつ大きい問題が、長距離の走行ができないこと。
まだまだ電気エネルギーを貯める技術はないですから。
走行するには膨大なエネルギーが必要ですが、電気の状態で貯めておくことができないのですね。
石油の状態ならたくさん貯めて置けるのに、電気はそうは行きません。

これらの技術的な問題により、普及しにくければ、それによって価格も下がらないという悪循環になりますからね。
コンパクトなバッテリーに大量のエネルギーをためることができる技術が発明できないことには、ちょっと厳しいかもしれませんね。
電気自動車の普及は・・・・

○電気自動車
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンなどの内燃機関を動力とする自動車と異なり、電気自動車は必ずしも変速機が必要ではない。また原動機の始動に外部からの動力も必要としない。ゆえに構造が比較的単純であり、自動車の黎明期から今日に至るまで使用されている。

一方でバッテリーは体積あたりの重量が大きく、搭載量の制限は走行距離(稼働時間)にも影響する。バッテリー保護のため急速な充電を避ける必要もあり、長い充電時間も短所として捉えられる。そのため交通機関の主流とはなっていない。

現状では遊園地の遊具をはじめ、作業環境と騒音に対する配慮が必要な倉庫内等で使用されるフォークリフトや、ゴルフ場のゴルフカートに多く見られる。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/10(火) 08:37:33|
  2. 技術
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。