めざまし日記 : 2008年07月

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本脳炎の危険性

最近、あまり耳にすることのなかった病気、日本脳炎。
私が子供のころは小さいころから予防接種があって、日本ではほとんどなくなった病気ですね。

しかし、このところまた発症数が増えてきているそうです。
2005年にワクチンの副作用が問題となり、予防接種の義務化がなくなってのことです。

よくわからないのですが、自分たちのころは副作用なんか言われてないので、どうして年代が経ってからそのような問題が浮き彫りなってくるのでしょうか?
人の体も少しずつ変わっているのでしょうね。
環境がよくなり、いろんな体の中の変化についていけない体になってしまっているのでしょうね。

義務化がなくなったとたんに、それまでは70%の接種率があったのが、10%ほどに下がっていたそうです。
それでも10%の人が受けていたのですから、その人たちは偉いですね。
でもほとんどの人が受けていないので、2005年からの空白の3年間の影響が大きくありそうなのですね。

実際、これまでは高齢者にしか発症が認められなかったのが、最近では子供、3歳児の発症が確認されたそうです。
新型のワクチンが来年には出来るそうなのですが、どうしてもっと先読みの対応ができないのでしょうか。厚生省は。いつものことなのに、相も変わらず。


この日本脳炎という病気の病原菌は人から人に移ることはないようです。
媒体は蚊ですね。
日本脳炎の病原菌を持った人の血を吸った蚊が、別の人の血を吸うことによって移ります。
しかし、最近は人からではなく家畜から移ることが多いようなのです。
牛やブタなどの家畜ですね。
特に最近はブタの発症数が多いのだとか。
ブタの血を吸った蚊に刺される。そう考えるだけでも何か嫌ですね。。。

で、予防策はというと、蚊に刺されないこと・・・・
そのまんまですがな。
で、夕方以降は外出を避ける。水辺に行かない。肌の露出を避ける。

これら、すべて無理難題です。(爆)

ま、虫よけスプレーなんぞがたくさん出回っているので、それで対応するしかないですね。
しかし、今年の蚊はかゆい!!(笑)

ワンちゃんは日本脳炎の心配はないのかな?
フィラリアの薬は飲ませているけれど、蚊取り線香も効いているのかどうかイマイチよく分からないし。

しかし厄介な虫だ、蚊は!!

スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 08:02:39|
  2. 社会
  3. | コメント:0

冷た~い麺

いやぁ、暑いですね。
こんなに暑いと食欲も失せてしまいます。
たまには冷たい麺でツルシコっと胃の中に流し込まないと、
栄養不足で夏バテになってしまいますものね。

この季節重宝する、そんな冷たい麺なのですが、
どんな種類があるのでしょうか?

夏といえばなんといっても定番は、そうめんではないでしょうか。
あるいは、冷麺(中華麺)が一番という人も多いと思います。

私はやっぱりそうめんですね。
なすなどの夏野菜の天ぷらと一緒にたべるそうめんは格別です。

薬味はしょうが派とわさび派に分かれると思うのですが、
私はわさび派です。特に冷たいつゆにはわさびが最高ですね。

味噌汁に入れるそうめんも上品でいいですが、
氷で冷たく冷やしたそうめんをツルシコと食べるのが最高です。

といっても冷麺も大好きです。
酢の味の利いたたれが食欲をそそりますね。
薬味は和風と違って、やはりマスタード、からしですね。
これもキュウリ、トマトなどの夏野菜と食べるのが最高!

ざるそばや、ざるうどんもいいです。
こちらは、そうめんは冷麺と違った、コシのある硬い麺をのどごしで味わうのが最高です。
天ざる・・・高いけど美味しい!(爆)

でも、最近ではパスタも冷たくして食べるそうですね。
あまりピンと来ないのですが、日本の麺と同じような感覚でいただくのでしょう。

うどんやそうめん、そばも、和風だしではなくて、洋風の冷たいトマトスープで食べる食べ方もあるようなので、食べ方はもう何でもありです。

美味しければいい。そんな感じで。

この夏、これからさらに暑そうですが、暑さに負けないで夏が終わって夏バテになってないように、しっかり麺をツルシコ食べて元気にやっていきたいですね!!

それにしても、
いや~、麺ってほんとにいいですね。。。
  1. 2008/07/23(水) 07:37:56|
  2. グルメ
  3. | コメント:0

大塚範一さんスゴイ

めざましテレビは今年15周年だそうですね。
で、その司会者の大塚さんも15周年。
番組が始まった当初から大塚さんだったんですね。
知りませんでした。

というのも、めざましテレビを見るようになったのはここ3年ぐらいです。
めざましテレビが始まったころ東京に住んでいましたが、
その頃はずっと日テレだったと思います。

子供が小さいときはテレビ東京系列のお子様向け番組だったりしてね。
今はやっていないのかな?

で、大阪に変わってからは朝は大阪ローカルだから、
やってなかったような気がするし。
見る番組が決まっていたから気がついていないだけかも知れませんが
関西テレビはめざましやっているのでしょうか?
私はいつも朝日放送の情報番組見ていました。
番組名は忘れましたが、今フリーになっている宮根アナの番組ですね。

エレクトーン弾くおねぇさんが、「いってらっしゃい!」というのを
聞くのが朝一番の楽しみでした。^^;
あの感覚は関東では味わえませんね。
最高の番組でした。今もやっているのかな?

話が全く逸れてしまいましたが、田舎に戻ってからは何故かめざましを見るようになりましたね。
高島アナがいろんな深夜番組などで、笑わせてくれていたのが面白くて見るようになったのかもしれません。
中野アナも後輩なので、親近感もあり、そんなかんだでめざましテレビを見るようになったのだと思います。

また、話が脱線しますが、子供のころは絶対NHKでした。
親がそうだったのもありますが、朝から賑やかなのはNGだったので、NHKがよかったですね。
憂鬱な朝は静じゃないとだめでした。

今は逆に、朝は元気を出したいので賑やかなのがいいです。

面白いですね。
環境によって、いろいろ好みも変わってきます。

ということで、NHKとめざましテレビがつながりましたね!(笑)
大塚さんが歩んだNHKとフリーアナへの道。
棘の道だったようですが、今じゃ超売れっ子の大塚さん。

今年は還暦のようですが、もっともっと頑張ってほしいです。
めざましテレビも変わることなくいつまでも・・・
がんばれ!大塚さん。
がんばれ、めざましテレビ!!
  1. 2008/07/11(金) 09:09:52|
  2. テレビ
  3. | コメント:0

日本人のマナー

先日、ある高校の監督がヨーロッパの世界遺産に落書きをしたということで処分されていましたよね。
そのほか学生などの落書きで日本人の恥として大きくメディアに取り上げられました。

日本にある世界遺産に落書きなどしたら、もう事件ですよね。

でも、実際にヨーロッパの人に日本人の落書きについて聞いてみたら、ほとんどの人がその処分は厳しすぎるという感覚なんですね。
日本人はマナーがいいというのが、ヨーロッパでの定評ですね。
アメリカやスペイン、フランス、ロシアなどの人はとてもマナーが悪いという意見が多いのです。
ま、日本人の血はそういう性格ですからね。

実際、ヨーロッパの街の中にはいたるところに落書きがあるようです。
現地の人にとって、落書きは当たり前の話で、汚れたら消せばいいという感覚なんですね。

で、じゃあ世界遺産だったらどうなの?という話になるのですが、
実際、めざましテレビのスタッフが落書きを調べたところ、そのほとんどが韓国と日本のだったんです。
世界遺産であるイタリアのフィレンツェの大聖堂への落書きです。
一番多かったのは韓国語による落書きで、日本語はなんと第2位!
日本人の観光客の割合がヨーロッパの人に比べてどうなのかは知りませんが、普通に考えれば、ヨーロッパの人のほうが遥かに多いと想像できます。
なのに、落書きの数は日本人のが多い。

周りの環境に染まりやすいのが日本人の特徴。

すでに書かれてあると、多くの中のひとつなので許されるという感覚になるのですね。日本人は。
きれいなところに一番手として書く勇気のある人はいないでしょう。

日本人はマナーがいいというより、周りの目を気にしてつい引いてしまうというのが本当のところでしょう。
だから皆がやると便乗してやってしまう。
そして、やり始めると調子に乗って、本当の姿をさらけ出す。
善悪をしっかりと自分の信念としてもっているのは、むしろ欧米の人でしょう。
日本人は猫をかぶっているだけなんですね。本当は。

そういう性格だから、ちょっとしたことがあると、今回の処分のように騒ぐ。
周りの目を気にしている証拠ですね。

表面面だけ良くて評価されているのは、ちょっと寂しいですね。。。
  1. 2008/07/09(水) 09:28:16|
  2. 社会
  3. | コメント:0

理想の上司・部下

何時も必ず話題になる上司と部下の関係。
理想の上司、理想の部下なんて、本や雑誌の記事が常に出回りますね。

それだけ、お互いに興味があるからネタになるワケですが、
実際、現実になると、その通り実行できない。

できるわけないですよね。
それぞれ、一方側の意見なんですからね。

飛騨牛の社長の態度が発端となったのかどうかは分かりませんが、
それをネタにめざましテレビでも特集していましたよね。

で、世間の意見は「普通にあり得ること」「まさに自分の上司と同じ」という意見が多かったみたいですが、そりゃそうでしょう。
あの社長は日本人を象徴する姿ですよね。

綺麗ごとを並べたって、現実に自ら実行できている人って少ないですよね。
だって、できない人が講師をするんですよ。
会社の組織の中では、そういう“役”をしないといけないのです。
実際の人間性がそうなのではなく、そういう役をさせたれるわけですから。
組織の中では。


話はそれますが、
警察や先生もそう。特に最近はその傾向が顕著。

所詮、“仕事”なわけですからね。


だから、そのような人たちが犯す問題がよく取り出さされます。
でも、みんな同じ人間なんですよ。
仕事、役、としてがんばるから、おかしくなってしまう。
マジメな人ほど、変になっちゃうわけですね。


ちょっと軌道修正しますが・・・
人間なんて様々です。だから社会が成り立っています。
それぞれの個性があるから、平均的な社会になるのです。

理想の上司なんてどうでもいいじゃないですか。
変な人でも適当にあしらっていれば給料入るわけですからね。
サラリーマンなんてそんなものでしょう。
嫌なら自分で汗水流して金稼げっつーの!!
あるいは、相手にするのを楽しむくらいの気持ちで会社行けばいい。

ただでさえ、生ぬるいサラリーマン社会で、
理想を求めてどうするの?

ま、そういうネタで楽しんでいるだけならいいんですが、
そんな暇があっていいな・・・と羨ましく思う今日この頃です。。。
  1. 2008/07/03(木) 09:07:28|
  2. 就職・会社
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。