めざまし日記 : 経済

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイホームの競売

今日、新聞で読んだのですが、あ、めざましテレビでもやっていましたね。。。

住宅ローンの支払いができなくなった物件が多く競売に出されているのだそうです。

なんでも、2008年だけで15000件に上るそうですね。

このところの不況で給料が減り、住宅ローンを支払えなくなった人たちが、マイホームを手放し、その物件は競売に掛けられるのだとか・・・

でも買う側のあまりいないので安くしか売れないワケで、銀行などの貸す側も元手を回収することが結局できず、経営破綻になる例もあるそうです。

特にこれからのボーナス時は支払えない人が急増するのではないかという懸念があるようです。

なんだかなぁ。。。雨降ってるし。。。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/03(水) 08:48:36|
  2. 経済

自動販売機の価格合戦?

最近は自動販売機も安く売るところが増えているそうですね。

東京都心でも安売り販売機が急増中とのこと。
多くはメインストリート上ではなく、少し裏に入った路地に設置された自動販売機だそうです。

自動販売機には業者所有のものと小売店所有のものとがあるそうですが、前者の場合は設置した小売店が自由に品物や価格を決めることはできないそうです。
場所を貸しているパターンですね。

しかし、後者の場合は自分所有の自動販売機なので置く商品や価格を自ら決めることができるわけですね。
そこで、賞味期限切れや在庫過多で安く売られている商品を仕入れて、低下より数十円安く売るわけです。
売上げにするとこれで3倍~5倍の効果があるそうですよ。
利益はも少しは増えているのでしょうね。
  1. 2009/04/16(木) 08:39:15|
  2. 経済
  3. | コメント:1

スーパーとコンビニの明暗

どんどん悪くなるばかりの景気。。。
この不況のなか、コンビニが絶好調のようです。

セブン&ホールディングスは、いよいよ減収という決算を迎えたようなのですが、その中でもコンビニであるセブンイレブンは絶好調の模様です。

百貨店や総合スーパーはズタズタのようなのですが、Taspo導入によるタバコの対面販売の恩恵+ついで買いのコンビニだけは躍進を続けているとのことです。

普通スーパーとコンビニを比べれば、スーパーのほうが安いイメージがあって、良さそうなものですが、なにせ広い売り場はちょっと買い物という感覚ではないのでしょう。

タバコの対面販売が影響ならスーパーでもやっているので、スーパーが好調になってもいいわけですが、そうでない何か他の理由があるわけですよね。

やはり、こじんまりとした入りやすい雰囲気がいいのでしょう。
スーパーではよくあるレジに並ぶこともコンビニならあまりありませんからね。

ウォーターサーバーもレンタル無料で好調のようですね!

この事象を景気回復のヒントにできればいいのですが・・・

  1. 2009/04/10(金) 07:57:37|
  2. 経済
  3. | コメント:0

冬のボーナス

昨日は12月10日
冬のボーナスが支給された人も多いのではないでしょうか。

めざましテレビの調べによると、冬のボーナスは軒並み下がっているものの、逆に平均で増えている企業もあるようです。
そのひとつにソニーが上がっていましたが、平均で100万を悠に超えていましたね。

仕事がなくなる人が多く出ている不況のこの冬、逆に懐を温かくしてニコニコ顔の人もたくさんいます。
公務員の賞与は、軒並み微減といった感じなのですが、企業は明暗が大きく分かれていますね。

そのボーナスの使い道といえば、一番多かったのが、先行き不安からの貯蓄。
で、定番の住宅ローンとか各種借金の返済です。

旅行やレジャーに行くという人は、ものすごく少ないみたいですね。
しかしまあ、お金はあるところにはあるのです。

何故こんなに格差が生まれるのか?
考えないといけませんね。。。
  1. 2008/12/11(木) 10:27:28|
  2. 経済
  3. | コメント:0

円高の影響は?

このところの円高で、少しずつ消費者にとって嬉しい還元セールが出てきているようですね。
輸入に頼っている魚介類や肉類などは、2、3割ほど安くなっているようです。
輸入家具なんかも3割引きで30万もするものが20万になっているなど、10万もお得に買える状況にあるようです。

そんな円高の嬉しい影響が出ている中で、消費者の出費はというと、半数の人が変化なし、増えているのをあわせると8割から9割に昇っているのですね。

安いとついつい多く買ってしまうのが原因なのでしょうか?
食料品なんかは、輸入品は品質が怖くて買えないという人もいるみたいなのですが、そういうのを考慮しても、ほとんど出費が減らないというのは、変な話ですね。

不景気だとなんだかんだ言っても、結局消費しているんですよね。
節約、倹約した分、もちろん今後のために貯めている人も多いのでしょうが、ほとんどの人が別なことに消費しているんだと思いますよ。
それに、私のように、もともとギリギリで生活している人は、減らしようもない。(汗;)
円高で食料品が安くなっているなんて実感もできません。
何故?どうして?おしえて???

小室さんのように、どんな収入が減っても生活レベルを落とせない、金銭感覚が麻痺している人もいますしね。全然話が関係ないところに行っちゃいましたが・・・@@;

何を書いているかわからなくなったところで、今日は尾張。じゃなくて終わり。。。
稼ぐしかないんだ。。。
  1. 2008/11/17(月) 08:49:51|
  2. 経済
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。