めざまし日記 : ホーム

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今どきの居酒屋事情

今どきの居酒屋は昔と違って大きく様変わりしているようですね。

何がかというと、まずは客層。
子供連れが多いのです。
ま、今に始まったわけではないと思うのですが、最近ではそれが顕著のよう。

私が10年くらい前に池袋周辺で働いていたときに、よく行っていたチェーン店の居酒屋では子連れの客が多かったですね。
それは家族で着ているということではなく、メンバーは子供とその母親、つまりお母さんたちが旦那が残業しているのか、外で飲んだくれているのかは知りませんが、奥さんたちで飲んでいるという構図なのです。
都会だからこその情景ですね。

今、様変わりしているのはファミリーレストランとの区別が薄くなっているということですね。
居酒屋は必ずしもお酒を飲む場所じゃなくなっているのです。
お酒を飲まない大人も増えているとのことで、居酒屋はお父さん達が仕事帰りによる処から、家族が夕食を食べに行くところに変わっているのです。

居酒屋のほうも、客が遠のいているだけにお客さんの確保のために、キッズルームや個室にテレビを置いたりして、子供が来ても他のお客さんに迷惑がかからないようにサービスをしているみたいです。

確かにファミリーレストランでは、メニューが少なく、これといって食べるものがないんですよね。実際は。ファミレスの人って、どこまでそのことが理解できているのでしょうかね?
その店、居酒屋は一品料理を複数たのめば豊富な食材を得られるわけです。
大人は好きなお酒が飲めて、子供はいろんな料理を食べることが出来て、これほどいい環境はないでしょう。
そこに子供用のキッズルームは個室にテレビがあれば文句のいいようがないですね。
居酒屋業界も生き残りを掛けて頑張っています。

うちも盆と正月は居酒屋ですね。
ちょっと昔は実家でテーブルを囲んで仕出しでしたが、面倒だしね。
どうせお金を掛けるのなら、外で食べたほうがいいですから。
居酒屋なら魚料理も豊富だし、おじいちゃん、おばあちゃんとも一緒にいけますからね。

ここは田舎ですが、居酒屋なのに駐車場は堂々と何十台分もあるのが普通ですよ。
ま、全員飲むわけじゃないから、家族の誰かはお酒飲まない人がいて、その人が運転するということですよ。
そんなお店じゃないと、今はもうやっていけません。
お酒を飲む場所はお酒を飲むことに特化していては商売やっていけないのです!!
スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 08:24:39|
  2. ホーム
  3. | コメント:0

ベビーセーフティグッズ

先日、幼児がエスカレーターの隙間に手を挟まれてケガをするという事故がありました。
エスカレーターのステップと床の隙間は6mmしかないそうなのですが、子供の指は入ってしまうのですね。
もともと、そうならないために、エスカレーターのステップはギザギザになっていて隙間をなくしているのですが、その効果もなかったということになります。

でも6mmという狭い隙間に子供の指が入るのかという疑問が湧きますよね。
実際6歳までの幼児の薬指の平均は9mmだったそうです。(めざましテレビ調べ)
でも子供の指は弾力があるので6mmの隙間でも力が掛かれば入ってしまうのですね。

これはエスカレーターという家の外での出来事なのですが、
実際、小さな子供をお持ちの親御さんは、家の中に手を挟む危険性を心配しているようですね。

冷蔵庫、ドア、洋服たんすなどの引き出し、折りたたみ式のテーブルなど、見渡してみれば家の中には危険がいっぱいです。(恐!)

というわけで、ベビーセーフティグッズという商品があるわけです。
雑貨屋さんなどには、ベビーセーフティコーナーがあるみたいですね。

いろいろな商品があるようですが、その中で紹介されていたのが、ドアの蝶番側につけるガードです。
蝶番のところはちょうど梃子(てこ)の原理が働くので、ドアを閉める力の10倍~数十倍の力が加わるそうです。
ドアが広く、厚さが薄いほど、その倍率は大きくなります。てこの原理から・・・

で、普通に軽くドアを閉めても、ちょうつがい側の隙間には鉛の管をへし折るほどの力が働くのですよ。
そこに、子供の手が挟まってしまったら、鳴き声が聞こえたときは「つぶれている」と、テレビに出ていた先生は言ってました。。。(おー恐い・・・)
そりゃそうですよね。

なので、その隙間を埋めちゃおうというのが、紹介されていた商品です。
どんなのかというと、アコーディオンになっている樹脂みたいなものでした。
それをドアの支柱側とドア側に貼り付けると、ドアを開くとアコーディオンが伸びて、閉めるとアコーデオンが閉じると、そのままなのですが、隙間がなくなるので安全ですね!

見てくれは良くないと思いますが、家の中だし何よりも安全第一ですからね。

ほかには、冷蔵庫の引き出しのストッパーが紹介されていましたね。
今の冷蔵庫は、冷凍室が一番下に、真ん中には野菜室、このどちらも引き出しですよね。
幼児が容易に手の届く位置に簡単に開く引き出しがあるものですから、非常に危険なわけですね。

だから、そこに開かないようなベルトをするものです。
本体側とドア側に固定する部品を貼り付けて、その間をベルトでつなぐ方法です。
ふたつのボタンを挟んで押さないとベルトがはずれない仕組みです。
それを左右のそれぞれ上下4箇所につけて、安全ですね!

とまあ、好奇心旺盛な幼児にな危険がいっぱいの家の中。
みなさんは、そんなベビーセーフティグッズを使用していますか?
  1. 2008/04/16(水) 08:34:18|
  2. ホーム
  3. | コメント:0

防寒対策

今年の冬は寒そうですね。

冬が訪れるのも早かった。
10月が暖かかったから、夏が終わったらスグ冬という感じです。

先日は東北地方で記録的な雪。
11月としては観測至上最高だとか。

中国でも大雪のよう。
http://news.livedoor.com/article/detail/3396554/


少し前には大雨があったばかりなのに、どういう気象なのでしょうか。


めざましでは日本一寒い町が紹介されていました。
札幌から引越して来た人も冬の防寒対策は大変だとか・・・
寒いんだろうな。。。

温暖な瀬戸内に住んでいる私としては未知の世界です。。。

北海道の冬って、ほんと大変そうですね。

雪から寒さをしのぐために、窓にビニール張ったり、板を取り付けたり。
隙間風が入らないようにスポンジ挟んだり。

燃料費も大変そうです。
今年はガソリンや灯油の値段が急騰していますから。

なんでも北海道の灯油消費量は東京の10倍くらいあるとか。。。


昔、聞いたことあるのですが、
北海道の人って寒がりなんですよ。
東京の普通の人の部屋だと寒くていられないって。。。

信じられませんが本当の話。

北海道の人のお宅って、それはもう暖かくしているんです。
真冬でもTシャツで過ごしているって言ってました。

屋外と家の中では、世界が別なんですね。

私なんか学生時代、マイナス2℃の部屋で過ごしていました。
すきま風で外気そのままの部屋でしたから。
よく生きていたものです。。。(笑)

寒い地方だからこそ、生活空間はギャップが大きいのですね。


どちらにしても、寒い冬は早く終わってほしいものです。

暑い夏もきらい!

どうせ四季が無くなってくるのなら、夏と冬がなくなって、
秋や春の気候になってほしいです。


今日はここまで。


今朝は厚い雲に覆われていて、とても暗い朝でした。

東京は日が昇るのが早いけど、四国はだいぶ遅いなぁ。
その分日が沈むのも遅いんだけれどもね。
  1. 2007/11/27(火) 09:28:03|
  2. ホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。