めざまし日記 : 法律

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後部席シートベルト義務化

昨日、6月1日から自動車の後部座席でのシートベルト着用が義務付けられたそうですね。
この法律は、普通の乗用車だけでなく、タクシーや長距離バスも対象となるようです。

困るのはタクシーや長距離バスの運転手ですよね。
お客さんに伝えないといけない。でもトラブルのもとになります。。。

しかし、これだけクルマ社会なのに、今回の話って知ってた人はどれくらいいたのでしょうか?
街の人の反応も、あまり知っている人はいなかったようですね。

警察も認知度を高めるためにドライバーに伝えていると言ってましたが、道路交通法の話って、身近な話の割には耳にあまり入ってこない気がします。
何故でしょうかね?

今回の話は、でも、即処分が下されるのかというと、そうではないみたいです。
減点1点の行政処分になるのは、高速道路だけのようです。
一般道路では処分の対象にならないので、着用率がどれだけアップするかは疑問ですね。

この件の認知度が定着すれば、一般道でも行政処分の対象になる時がくるのでしょう。
それまでの猶予期間ということなのかもしれません。


しかし、いつも思うのは、先にも書きましたが、道交法の改正の件はどうやって周知しているのでしょうか?警察は?
この手の話題はいつも新聞やメディアから入ってきます。
それはそれでいいのですが、警察が運転免許所持者に個別に伝えているのは、免許更新時くらいではないのでしょうか。
いつも、道交法はこう変わっていますよ!という事後の周知になりますよね。
改正後、施行までの間なら、事前の周知になりますがね。

優良ドライバーなら5年に1度なので、(一般でもそうなったのかな?)タイミングが悪ければ、5年後に知ることになりますよね???
それで、知らなくて、ハイ減点1!では、ちょっと酷なのでは?

もしかしたら自治体の広報などに書かれているのかも知れませんが、広報なんて隅々まで熟読する人って、そんなにいないと思うし・・・

高速をいつも使うドライバーは、お気をつけくださいませませ~。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/02(月) 08:34:30|
  2. 法律
  3. | コメント:0

確定申告

昨日から確定申告の受付が始まりましたね。
早速行ってきました!

で、今年から大きく税制が変わっていますよね。
国税と地方税の配分が変わっているということです。
所得税は少なくなり地方税が多くなりました。
つまり、所得税は減って、住民税が多くなりました。

まトータルでは税額は変わらないということなので、あまり気にすることもないのですが、一番大きな問題は最近ローンを組んで住宅を取得した人でしょうね。

私もそうです。

住宅ローンの特別控除は所得税から控除されていたのですが、所得税の比率が下がったことで控除額が下がる場合があるのです。
つまり税制が変わったことで今までの控除が受けられなくなる。
それじゃまずいのではないの?ということで、今年の措置として申請すれば差額を住民税から控除してもらえるという制度があります。

ただ、面倒なののサラリーマンです。
確定申告をする人は、市町村への申請書を確定申告書と合わせて税務署に提出すればいいのですが、確定申告をしない多くのサラリーマンは自分で申請書を市町村へ出さないといけないんですね。
なんとも面倒な話です。
控除してもらうのだから、それが当たり前なのかも知れませんが・・・
医療費控除なんかも自分で税務署に申請しないといけないですから。


控除では、そのほかに損害保険の控除がなくなりました。
交通災害保険や火災保険を支払っていても控除されなくなったのです。
ただ、貯蓄型の長期の保険なら控除されるみたいですが・・・
その代わり、地震保険の控除という具体的な案件の控除項目ができました。

それが何故なのかは、よく分かりませんが、地震保険はしっかり入っとけよ!ということなのでしょうか。

いずれにしても、この時期ばたばたしている人は多いことでしょう。
サラリーマンのときは税金についてあまり考えることは無かったのですが・・・


今日はここまで。
そろそろ花粉が飛び始めたそうですね。
花粉症には縁のない私ですが、周りがたいへんです。。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/19(火) 08:38:38|
  2. 法律
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人年齢って?

成人って結局なんなのでしょう?

成人の年齢を今の20歳から18歳に引き下げるべきかという議論がいろいろされているようですね。
成人というものの位置づけはいろいろな場合であると思うのですが。絶対的なものってないですよね。
酒・タバコがOK!というのが一番大きな話でしょうか。

選挙権が18歳に引き下げられることは決まっているようなのですが、選挙権と「成人」との関係付けはすべきなのでしょうか。

運転免許は、18歳ですが、あまり「成人」という切り口で考えませんよね。
2輪は16歳だし。

学生を終えて社会にでるのは、21歳か18歳がほとんどだし。

ほかに成人との関連付けが考えられるものって、何かあるかな?

あ、犯罪をした場合の扱いなんかもありますね。(刑法なのかな?)

とまあ、いろいろです。


そもそも「成人」とは何なのでしょうか?
精神的な親離れ?金銭的な親離れ?
どちらも15歳でできる人もいれば、30歳になってもできない人がいます。
万人一律に「成人」という位置づけを精神面や金銭面で判断するのは困難ですね。
あくまで法律上の話であり、ごく平均的な基準でしかありません。

では、肉体的成熟?

酒・タバコは健康面の問題が大きいので、「成人」という区切りで分けるのであれば、肉体的(健康的)側面が大きいということになりますね。

いろいろ考えると、「成人」の定義はいろいろな場合によって、違っていてもいいんじゃないかと思ったりもしましたが・・・
酒・タバコにおける肉体面での成人。
学生を終えて就職をする金銭的成人。
選挙、犯罪など物事を自分で決め、責任を負う精神的な成人。
責任という意味では、酒・タバコのマナーの面も重要な要素でありますね。

こうみてみると、金銭面の話は私的な要素大なので、法的にはやっぱり一律なのでしょうか?


世界的に見ると8割以上の国では18歳が成人だそうです。
日本の20歳というのは、成人後進国ですね。。。

で、若者の意見も、18歳は早すぎると・・・甘えている。

日本の若者よ、もっと自分に責任を持て!!



今日はここまで。

また寒くなりましたね。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/14(木) 09:03:32|
  2. 法律
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。