めざまし日記 : インターネット

ニュースやテレビで紹介された情報(グルメ・芸能・ファッション・トレンドなど)について思ふことや、はてな?と思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドコモの公式サイト入札で順位

ドコモ携帯電話のiモードで、「メニュー」に表示される公式サイトの掲載順位が入札による順位に変わるそうですね。
入札ということは、お金を多く払った順ということになります。
この公式サイトというのは、たぶん、もともといくらかお金を払っているのでしょうから(間違っていたらスミマセン)広告枠のようなものであったのでしょうが、その毛色がもっと濃くなるということなのでしょうね。

これまではアクセス数、つまり人気順(必ずしもそうとは限りませんが)のようなものだったのですが、それがお金で順位を決めるというものに変わるワケですね。

各メニューの1ページ目は4サイトしか表示されないので、5位以降は別ページに移らないといけなく、かなりのアクセスに差がありそうですね。4位と5位じゃ。

アクセス数の場合、
アクセスがあれば上位表示される。
上位表示されれば、さらにアクセスが増える。
アクセスが増えるから上位をキープする。
というような循環になり、結局いつも同じサイトが表示され、マンネリ化してします。
よって、新しいサイトはここに入り込むことができない。
という図式になっているのです。

だから、新しいサイトは最初にお金をつぎ込んでテレビや雑誌でとにかく宣伝する。
初期投資のようなものです。テレビCMでよくありますよね。
そうするとアクセスが一時的に増えるので上位表示される。
そこで、面白くてユーザに価値のあるサイトなら、宣伝を止めても順位は落ちないということになります。
もちろん、面白くないサイトなら、サヨナラになるわけですが・・・


この順位表示のマンネリ化を回避するのが目的というドコモ側の理由なのですが、だれも本当にそうだとは思いませんよね。
明らかに収入のためですね。。。

どっちにしても新しいサイトは上位表示のためにはお金を掛けないといけません。
が、入札制になると毎月定常的に費用が掛かりますね。
で、現在マンネリ化して上位に居座っているサイトは余計な費用が発生する。
ということで反対意見は多いようです。
さて、ユーザーはどっちのほうが望ましいのでしょうか?

携帯ではまだ、検索エンジンは主流ではないようです。
公式サイトと検索エンジンによるインターネット検索の意味合い、使い分けというのが、これからどうなって行くのでしょうか。
グーグルと組んでオープンなインターネット検索に力を入れ始めたのか思うと、公式サイトの入札制という広告掲載の色を濃くしたり。
ドコモは、どこに向かっているのでしょうか?

いずれにしても、ユーザーのためのiモードであるということを忘れないでくださいね。
ドコモさん。

ロゴが変わりましたが、イマイチです。(笑)
スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 08:02:30|
  2. インターネット
  3. | コメント:0

Youtubeがチュー断

昨日Youtubeのサイトを見ていたら、上部に「現在サイトが中断しています。しばらくしてからアクセスしてください。」みたいな(正確な表現は覚えていませんが・・・)表示が出ていました。
実際は瞬間的にはアクセスできなかったような気もしますが、別に見れないというとこはありませんでした。(もともと回線遅いし、天気悪いとADSLの調子が悪いので、途切れることはたまにあるし・・・涙)

そしたら今日の新聞に、「ユーチューブがチュー断」という記事がありました。

原因はイスラム教を侮辱する動画がアップされていたので、パキスタン当局がネットワーク事業者に停止を求めていたのが原因だとか。
実際2時間くらい中断したそうですね。
日本のユーチューブにはあまり影響はなかったようです。
日本からの問合せもゼロだったみたいですね。

しかし、いろいろなことがありますね。。。記事のタイトルも洒落ているし。(爆)


(参考)
◆YouTube
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YouTube, LLC(ユーチューブ)はアメリカ合衆国・カリフォルニア州サンブルノにある企業で、インターネットで動画共有サービスを行っている。

テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/27(水) 08:45:11|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百度(Baidu)

中国の検索エンジン百度(Baidu)・・・バイドゥが昨日1月23日より正式にサービスを開始したそうですね。
http://www.baidu.jp/

中国内での検索エンジンのシェアはすでにGoogleやYahoo!を抜いて1位だそうですが、日本でもそうなると鼻息が荒いようです。

しかし、中国で人気を得た理由がMP3の検索オプションがあるからだそうで、日本版のサイトにはこれがありません。
ネズミや青い耳のないネコなど、いろいろと物議を醸してきた中国ですが、検索エンジンの考え方にも現れているようです。

日本では著作権も問題があるため、それに抵触する動画の多いMP3ファイルを検索して表示してあげるサービスは問題があるようですね。

中国で当たった要素を組み入れることができないとなれば、GoogleやYahoo!に勝つ要素は他にあるのでしょうか?

そこで、実際に百度を使ってみました。

検索のスピードはユーザやデータベースがまだ小さいためか、すごく早くていいです。
(最近のYの重さには悩まされていますので・・・)
でも検索結果数が少なくて新しいサイトが出てきません。

ちなみに「めざまし日記」で検索したのですが・・・
Yahoo!では、8位にこのブログが出てきます。V^^);
百度には100位までに出てきませんでした。(涙)
検索結果の数は、Yが354万件あるのに対して、百度は13万6千・・・
雲泥の差ですね。

検索のオプションは、ウェブ | 画像 | 動画 | ブログ の4つ。
検索できる範囲はかなり狭いですね。
ブログ検索で「めざまし日記」を検索してもヒットしない。
「日記」の言葉がないブログがバンバンヒットしているのに。
使えない。。。←僻み?(爆・・・爆・・・爆)

細かな検索の設定もあまりありません。

客観的にみても、GやYをやめてまで乗り換えようという要素が見当たりませんでした。

果たして百度は日本でヤフーやグーグルをしのぐ検索エンジンとなり得ることができるのでしょうか?
今後のサービス拡充に期待したいですね!

良いものが勝つ。これは間違いありませんから。


今日はここまで。

昨日の晩から風が強くなってきました。
でも昨年やおととしの冬にくらべれば、今年は風があまり吹かないので助かっています。
周りは田園のこの地、風が吹くと、ちと怖いですから・・・

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/01/24(木) 08:33:38|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。